交通事故で脊髄損傷

事故大きな怪我をすることもある交通事故の場合、命を取り留めたとしても、重篤な後遺症に悩まされることがあります。後遺障害と呼ばれるようになりますが、その中でも脊髄を損傷してしまうような大事故に巻き込まれることも考えられるでしょう。できれば、そういった事態にはなりたくはありませんが、対応策も考えていかなければなりません。

外傷を受けた時に、脊髄を損傷してしまうと、さまざまな影響が出てきます。神経が集中していることもあり、四肢に麻痺が現れたりすることが典型症状でしょう。広範囲にわたって感覚が失われることも多く、神経因性膀胱障害といった尿路障害も出てきます。臓器にも障害が発生することさえあります。複雑な症状を呈することが多く、脳の障害によって起こされる状態と同様の扱いになることが基本です。裏付けが必要になってきますが、後遺障害に関してもかなりの重さになってくることが予想できます。複数の症状が現れることからも、総合的な評価が必要になるでしょう。介護の要否というところも踏まえていくことになります。

障害等級の認定は、いくつもの区分が存在しているのが重要です。高度な障害が認められるような状態から多少の障害、麻痺にも程度がいくつも存在し、その中で判断していかなければいけません。非常に難解な部分も持っていますが、生活に支障が出てきているのですから、将来に向けてしっかりとした対応を考えていかなければいけないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

About the Author

admin