自覚症状がない

MARK交通事故で脊髄を損傷してしまった場合、さまざまな症状が現れることが基本ですが、中には症状がはっきりしないといった例があります。特別な例ではなく、神経に損傷が見られても、実際に大きな変化がわからないということも出てくるからです。MRIやCTなどの検査でどこに損傷があるかがわかっていても、障害の症状がない場合にどうするかも考えていかなければいけないでしょう。

脊髄の場合には、どこに損傷があると、どのような症状になるのかがおおよそわかっています。はっきりとすべて判明しているわけではありませんが、ある程度は予想がつくということです。それでも、自覚症状がないような場合も後遺障害の認定はうけられます。12級の13号には、画像その他により、原因が医学的に証明できるものという解釈が存在しているため、最低でもこの等級にあたるということになるでしょう。ですが、もうひとつ、後遺障害が出ている原因が医学的所見・画像所見によって証明されているという条件もそろえなければいけません。

こうした認定をしておくことが、のちにまれであっても症状が出てしまったときの対処の方法になります。弁護士に相談しておくだけではなく、こうした例を知っておけば、あとあと後悔することもなくなるでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

障害認定の等級

頸椎後遺障害として考えていくと、脊髄を損傷してしまえば、自然治癒はほぼ望めません。では、人工的に再生治療ができるのかといえば、その方法はまだ発見されておらず、神経の代替えとなるような方法も作られていないのが現状です。損傷した時点で起こってしまった症状は、そのままになってしまうことを意味しており、後遺障害と直結することになるでしょう。どの程度の範囲で麻痺が起きるのかというのも重要になってきますが、後遺障害として認定も大きな意味を持ってくることになります。

認定には、麻痺の範囲と程度が重要なポイントになってきますが、厚生労働省の通達で具体的な基準が定められていますが、かなり細かく難解です。程度は3段階で分類がされており、高度、中度、軽度という範囲になってきます。完全硬直の高度、基本動作に大きな制約がある中程度、運動性や持続性が多少失われている軽度といった分類です。これが基準となって行きますが、両方の範囲に出てしまう対麻痺と片側だけの単麻痺の分け方も大きな影響を与えることになります。ここから後遺障害の投球を決めていくことになりますが、介護の要否も含めて判断する必要がありますが、状況によってはもっと高い等級認定がされる可能性もあることを知っておかなければいけないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

脊髄損傷の大きな問題

脊髄損傷になってしまうのは、非常に大きな問題を抱えてしまいます。脊髄には神経組織の束が通っており、脳から出た命令を各所に伝えていく大事な役割があるからです。損傷してしまうことによって、神経の伝達に問題が出てくるようになり、手足も動かせなくなることが出てきてしまいます。

ベットとけが人交通事故が原因の中で、脊髄を骨折したり脱臼したりすることで神経を損傷するのが問題です。26個もの骨で構成されて衝撃から守ろうとしていますが、それ以上の力が働けば、内部まで損傷してしまうことになります。一度でも損傷すれば、自然に回復することはほとんど望めません。神経は自立して回復できない組織だからです。

大事な組織だけに、脊髄損傷からは多くの症状が出てしまいます。そのひとつが全身の麻痺でしょう。全身の命令伝達に大きな役割を持っているためですが、運動や近くの機能を失しなった場合を完全麻痺と呼びます。程度によって異なるのが不全麻痺となってきますが、他にも循環障害や呼吸障害といったものまで幅広く表れてくるのが大きな問題です。こうした障害は元に戻ることがなくなってしまうのですから、後遺障害の認定は、その後の生活にとっても大事なものとなってくるでしょう。

〔参照HP〕後遺障害で脊髄損傷

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

交通事故で脊髄損傷

事故大きな怪我をすることもある交通事故の場合、命を取り留めたとしても、重篤な後遺症に悩まされることがあります。後遺障害と呼ばれるようになりますが、その中でも脊髄を損傷してしまうような大事故に巻き込まれることも考えられるでしょう。できれば、そういった事態にはなりたくはありませんが、対応策も考えていかなければなりません。

外傷を受けた時に、脊髄を損傷してしまうと、さまざまな影響が出てきます。神経が集中していることもあり、四肢に麻痺が現れたりすることが典型症状でしょう。広範囲にわたって感覚が失われることも多く、神経因性膀胱障害といった尿路障害も出てきます。臓器にも障害が発生することさえあります。複雑な症状を呈することが多く、脳の障害によって起こされる状態と同様の扱いになることが基本です。裏付けが必要になってきますが、後遺障害に関してもかなりの重さになってくることが予想できます。複数の症状が現れることからも、総合的な評価が必要になるでしょう。介護の要否というところも踏まえていくことになります。

障害等級の認定は、いくつもの区分が存在しているのが重要です。高度な障害が認められるような状態から多少の障害、麻痺にも程度がいくつも存在し、その中で判断していかなければいけません。非常に難解な部分も持っていますが、生活に支障が出てきているのですから、将来に向けてしっかりとした対応を考えていかなければいけないでしょう。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket